「広告」

玉ねぎたっぷり豚こま生姜焼き&めんつゆ味玉&ほうれん草とコーンのサラダ

今回はスガさんのレシピ

【玉ねぎたっぷり豚こま生姜焼き】&【めんつゆ味玉】&【ほうれん草とコーンのサラダ】

を作りました。

玉ねぎたっぷり豚こま生姜焼きは砂糖が入らないのですが玉ねぎの甘味でしっかり

甘くなり美味しいです。【めんつゆ味玉】&【ほうれん草とコーンのサラダ】は作り置き

レシピです。

あと一品というときやお弁当にもおすすめです。

玉ねぎたっぷり豚こま生姜焼き

たっぷりの玉ねぎと豚こま切れを使ったメインおかずのレシピです。

玉ねぎの甘味を活かしますので、しっかりと甘いです。

ご飯にかけて、丼飯にしてもいいです。

玉ねぎたっぷり豚こま生姜焼きの材料

4人分

・玉ねぎ(または新玉ねぎ) 2個
・豚こま切れ肉 400g
・片栗粉 大さじ4
・サラダ油 小さじ2

<合わせ調味料>
★しょうゆ 大さじ4
★酒 小さじ4
★みりん 小さじ4
★しょうがすりおろし 大さじ1

玉ねぎたっぷり豚こま生姜焼きの作り方

①玉ねぎは半分に切り、繊維に沿って5mm幅程度に切ります。

②ボウルに合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

③豚こま切れ肉に、片栗粉をもみこむようにして、まぶします。

豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。
調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。
作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなります。

④フライパンにサラダ油をひき、③の豚肉をほぐし入れ、弱めの中火にかけます。
7~8分して焼き色がついたら上下かえし①の玉ねぎを加えざっと混ぜます。

  

⑤ ④に②の合わせた調味料を加えフタをして10分くらい蒸し煮にします。
途中で混ぜます。フタを取り全体を混ぜながら汁気をとばします。

⑥ 器に盛りつけます。

保存する場合は、粗熱を取ってから冷蔵庫で保存します。

保存期間は冷蔵で5日 冷凍で1か月くらいです。

めんつゆ味玉レシピ

スガさんのめんつゆを使って作る味玉のレシピをご紹介します。

煮ないで作れる簡単煮卵です。

少量のめんつゆでも短時間でしっかりと味付けすることができます。

30分程度で味が付きますが、2時間後くらいから、よりおいしく召し上がれます。

めんつゆ味玉の材料

3人分(1人分1個として)

卵 3個

めんつゆ(3倍濃縮推奨) 大さじ3

めんつゆ味玉の作り方

①鍋に卵を並べ、ひたひたに水を注ぎ、酢を適量入れふたをして中火で加熱します。
沸騰したら火を止め、そのまま7分蒸らし、水にとって殻をむきます。

酢の役割
★たんぱく質を固まらせる働きがありますので白身が飛び出してきても、すぐに固めます。
★卵の殻を柔らかくする働きがあるので、卵の殻がむきやすくなります。

②密封できる保存用袋に、卵と、めんつゆを入れ、空気を抜いて密封します。

③冷蔵庫に入れます。30分程度で味が付きますが、2時間後くらいからよりおいしく

召し上がれます。

保存期間は冷蔵3日です。

ほうれん草とコーンのサラダ

ほうれん草とコーン缶で作るサラダのレシピです。

ゆでたほうれん草、コーン缶と調味料を混ぜ合わせて出来上がりです。

彩りがきれいなのでお弁当のおかずにもおすすめです。

ほうれん草とコーンのサラダの材料

2人分

ほうれん草 1束
コーン缶 1缶

<合わせ調味料>

★マヨネーズ 大さじ1
★ごま油 大さじ1/2
★しょうゆ 大さじ1/2
★砂糖 小さじ1/2
★顆粒和風だしの素 小さじ1/4
★粗挽き黒こしょう 小さじ1/4

ほうれん草とコーンのサラダの作り方

①ほうれん草はよく洗い、4~5cm長さに切り、コーンは缶汁を切ります。

②たっぷりのお湯を沸かし①のほうれん草を茹でます。
ざるにあげ水にとって水気をしっかり絞ります。

③ボウルに★の調味料を混ぜ合わせます。

④ ③に水気を切ったコーンと②のほうれん草を加えてあえます。

⑤ 器に盛り付けます。

保存は冷蔵4日で冷凍1か月くらいです。

保存後にいただくときは、ドレッシングが沈殿していることがありますので、
底から全体をよくかき混ぜるとよいです。

ドレッシングは他のサラダにも利用できます。

最後に

玉ねぎたっぷり豚こま生姜焼きは玉ねぎの甘味でしっかり甘くなり美味しく

できました。【めんつゆ味玉】や【ほうれん草とコーンのサラダ】の作り置きレシピは

あと一品というときやお弁当にいいです。

特にほうれん草とコーンのサラダはお弁当に入れると彩りがきれいです。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする