いかの里芋の煮物&ハムカツ【ワカコ酒レシピ】

今回はワカコ酒レシピ「いかの里芋の煮物」「ハムカツ」を実際に作ってみました。

“いかの里芋の煮物”のいかと里芋の相性はとってもいいです。

うすい衣をつけてサクサクに揚げた“ハムカツ”は懐かしさを感じる家庭の味です。

いかの里芋の煮物

いかと里芋は一緒に煮ることでお互いの味を引き立てます。

いかと里芋の煮物の材料

3~4人分

・するめいか 1杯
・里芋 500g(皮をむいて食べやすい大きさに切ります)
・だし 300ml
・酒 大さじ1
・砂糖 大さじ3
・みりん 大さじ1
・醤油 大さじ4

いかと里芋の煮物の作り方

①里芋は鍋に入れて火をかけ一度下茹でしてから洗っておきます。
するめいかはわたと骨と軟骨を除いて皮をむき食べやすい大きさに切ります。

②鍋にだし、さけ、砂糖、みりんを入れて中火にかけ、①の里芋をいれ落し蓋をして12~15分、竹串がすっと通るまで煮ます。

③①のいかと醤油を加えさらに5分ほど煮ます。
(皮つきのままいかを使った場合は少し赤く仕上がります)

ポイント!!

<居酒屋のプロの技>

いかも沸騰した湯にさっとくぐらせ裏側まで流水で洗うときれいに煮あがります。

汁が少なくなったら鍋をゆするようにして焦げ付きを防ぎます。

ハムカツレシピ

加工肉のハムを豪華にしようと考えられたレシピです。

ハムカツの材料

(4人分)

・ハム 4枚
・薄力粉 大さじ2て
・卵(溶いたもの)1個
・パン粉 適量
・キャベツ(千切り)2~3枚

・揚げ油 適量

・中濃ソース 適量

ハムカツのレシピの作り方

①ハムは薄力粉をつけて薄くのばし卵をしっかりつけてからパン粉をつけます。

今回は四角のハムを使いました。

ポイント・・しっかりとパン粉をつけることです。

<居酒屋プロの技>
残った薄力粉を少量の水で溶きそこに卵を混ぜて少し粘度をつけるとパン粉がしっかりつきます。揚げたときに衣が破れて中身が出てしまうのを防ぐことができます。

②180度に熱した揚げ油で①をきつね色になるまで揚げます。

③②を半分に切りお皿に盛りキャベツを添え中濃ソースをかけます。

最後に

今回はワカコ酒レシピ「いかと里芋の煮物」と「ハムカツ」を作ってみました。

「いかと里芋の煮物」はいかの味が里芋のねっとりとした食感に絡まってとっても

美味しいです。

「ハムカツ」にソースをかけるとハムの味がしみて懐かしい味になります。

「いかと里芋の煮物」は常温のお酒 「ハムカツ」はハイボールと合います。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする