パプリカの肉詰め焼き&かにかまとキャベツのマヨサラダ

今回は関岡弘美さんのレシピ「パプリカの肉詰め焼き」と小田真規子さんのレシピ

「かにかまとキャベツのマヨサラダ」を作ってみました。

「パプリカの肉詰め焼き」は夏の野菜であるパプリカを使った肉詰め焼きです。

「かにかまとキャベツのマヨサラダ」はかにかまが入った楽チンおかずサラダです。

パプリカの肉詰め焼き

旬のパプリカはカロチンやビタミン類が豊富です。

厚みのあるパプリカを使うから、食べごたえがあります。

野菜たっぷりのたねは、甘みがあってジューシーです。

パプリカの肉詰め焼きの材料

・合いびき肉 200g
・赤パプリカ、黄パプリカ 各1個
・玉ねぎ 1/4個分

*パン粉 大3
*牛乳 大さじ2
・溶き卵 1/2個分
・あればナツメッグ 少々

・サラダ油 大さじ1
・塩 小さじ1/3 こしょう少々 小麦粉 トマトケチャップ

パプリカの肉詰め焼きの作り方

①パプリカは中心部分から幅2.5~3cmの輪切りを2枚ずつ切り取り、種を取り除き
残りの部分はへたと種を取り除いてみじん切りにします。

②フライパンにサラダ油を中火で熱し、玉ねぎとパプリカのみじん切りを入れて3~4分炒めます。玉ねぎが透き通ったら、バットなどに広げてさまします。

③ボールにひき肉と、塩、こしょうあればナツメッグを入れて粘りが出るまで手で練り混ぜます。

④ ②の玉ねぎとパプリカ、牛乳に浸したパン粉と、溶き卵を加えてさらによく混ぜ、たねを作ります。

↓ ↓ ↓

⑤輪切りにしたパプリカをまな板に並べ、内側に小麦粉を薄くまぶします。

⑥たねを1/4量ずつ詰めて、平らにします。

⑦フライパンにサラダ油を中火で熱し、⑥を並べ入れます。2分ほど焼き、焼き色がついたら
裏返して1分ほど焼きます。

⑧ふたをして弱火にし、3~4分焼きます。火を止めてふたをしたまま4~5分おき、余熱で中まで火を通します。

⑨器に盛り、トマトケチャップをつけていただきます。

かにかまとキャベツのマヨサラダ

キャベツは千切りにしてたっぷりと。
かにかまのうまみと塩けのキャベツの甘味を引き立てます。

かにかまとキャベツのマヨサラダの材料

(2人分)

・キャベツ 2枚(25g)
・かに風味かまぼこ 4本
・レモン汁 小1
・マヨネーズ こしょう

かにかまとキャベツのマヨサラダの作り方

①キャベツの葉2枚は千切にし、かにかまは食べやすくほぐします。

②ボールにキャベツかにかま、レモン汁、マヨネーズ こしょうを入れて和えます。

③器に盛り付けます。

最後に

旬のパプリカを使った「パプリカのの肉詰め焼き」はたねにも刻んだパプリカを入れる

のでジューシーにしあがり美味しくできました。

色も鮮やかできれいです。

「かにかまとキャベツのマヨサラダ」はかにかまのうまみと塩けのキャベツの甘味

がマッチして美味しくできました。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする