「広告」このブログはプロモーションを含みます

レモンポークジンジャー 関岡弘美さんのレシピ【きょうの料理】

きょうの料理で紹介された「毎日食べたい!豚肉おかず 」がテーマ、今回は、料理研究家の関岡弘美さんが教えてくれた「レモンポークジンジャー」を実際に作ってみました!

レモンの酸味で軽めのポークジンジャーです。

レモンポークジンジャーレシピ

レモン風味の洋風のしょうが焼きです。

レモンの酸味で厚みのある肉でも食後感は軽めです。

レモンポークジンジャーの材料

2人分

・豚ロース肉(豚カツ用)2枚(240g)

【レモンジンジャーソース】(A)

・たまねぎ(大/すりおろす)1/3コ分(80g)
・白ワイン(または酒)大さじ2
・はちみつ大さじ1
・しょうが(すりおろす)大さじ1
・しょうゆ小さじ1
・レモン汁大さじ1

・クレソン(食べやすくちぎる)適量

・塩少々
・こしょう少々
・小麦粉
・バター大さじ1/2

レモンポークジンジャーのつくり方

ソースの下ごしらえをする

①【レモンジンジャーソース】の(A)は、先に混ぜ合わせておきます。

レモン汁は長く火を通すと香りや酸味がとんでしまうので、ほかのソースの材料とは別にしておき、最後に加えます。

豚肉を焼く

②豚肉は肉と脂の間の筋に数か所切り目を入れて、塩・こしょう各少々をふり、小麦粉をふって薄くまぶします。

小麦粉は茶こしを通してふると、薄く均一にまぶすことができます。小麦粉で肉をコーティングしているので、焼いても堅くなりにくく、ソースがよくからみます。

③フライパンにバター大さじ1/2を中火で溶かし、弱めの中火にして豚肉を並べます。

バターが溶けないうちにお肉を入れてしまいました(・.・;)

④ 2分間ほど焼き、焼き目がついたら上下を返し、さらに2分間ほど焼いて取り出します。

豚肉にソースをからめる

③あいたフライパンに(A)を入れて中火で1~2分間煮詰め、④を戻します。

④レモン汁を加えてからめ、器に盛ってクレソンなどの好みの野菜を添えます。

1人分作りました。

豚肉は豚肩ロース肉を使いました。

クレソンがなかったのでかわりにブロッコリーを添えました。

レモンポークジンジャーまとめ

パンにもごはんにも合う洋の豚肉おかず「レモンポークジンジャー」を作ってみました。

しょうが焼きも、レモンを入れると厚みのある肉でも軽めに仕上がります。

すりおろした玉ねぎと生姜を使ったソースが美味しかったです。

ハチミツも入り甘い味付けで、レモンジンジャーは甘酸っぱくてすっきりしたソースです。

参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする