コロッケ・バナナソース&ひき肉と卵の油揚げ包み&揚げごぼうの佃煮 志麻さんのレシピ

大人気のバラエティ番組「沸騰ワード10」で伝説の家政婦 タサン志麻さんが登場し

V6井ノ原さんに絶品料理の数々を披露してくれました。

今回は数々の絶品料理の中の「ひき肉と卵の油揚げ包み」「コロッケ&バナナソース」

「揚げごぼうの佃煮」を実際に作ってみました。

コロッケ&バナナソースレシピ

V6の井ノ原さんが「今まで食べてきたコロッケの中でナンバーワン!」
と大絶賛したコロッケです。
バナナソースはコロッケとよく合う絶品ソースです。

コロッケ&バナナソースの材料

(作りやすい分量)
・玉ねぎ 適量(1/2個が目安)
・塩 ひとつまみ
・バター 1片
・サラダ油 適量

・ひき肉 200gが目安
・塩・こしょう 多め
・砂糖 ひとつまみ(みりんでもよい)

・じゃがいも 3~4個
・パン粉 適量
・溶き卵 適量
・薄力粉 適量
・揚げ焼き用の油 適量
・バター(仕上げ用) 1片

【ソース】
・バナナ 1本ほど
・醤油 バナナが浸る程度
・とんかつソース バナナが浸る程度

コロッケ&バナナソースの作り方

①じゃがいもは1個ずつラップで包み、電子レンジで6分加熱します。

②熱いうちにラップを外して皮をむきます。

ポイント
じゃがいもは冷える時に味が入っていくため、皮は熱いうちにむきます。

③玉ねぎはみじん切りにしたら、サラダ油をひいたフライパンに入れ、塩をひとつまみいれバター(1片)を加えて炒めます。

お店で使われているというラードの代わりに、手軽なバターを使って炒め甘味を出します。

④バターが溶けたらひき肉を加え、炒め合わせます。

⑤しっかり塩・こしょうをふり、隠し味に砂糖(みりんでもよい)を加えて甘味を出します。

味付けはこの段階でお肉にするのみなので、塩こしょうはしっかりふります。

⑥炒めたらボウルに移し、レンジで加熱した①のじゃがいもを熱々のまま加えます。

スプーンなどを使ってじゃがいもをお好みの大きさに潰します。

⑦ ⑥を小さなボールのような丸い形に成形したら薄力粉・溶き卵・パン粉を順にまぶします。

ポイント⇒ 揚げ焼きにするので、小判型ではなく団子状の小さいサイズにし全部の量を一度に揚げ焼きにすることができて楽チンです!

⑧ フライパンに少量の油を熱し⑦を入れてきつね色になるまで揚げ焼きにする。

⑨ きつね色に焼き上がったらバター(1片)を加え、溶かします。

初めからバターを入れてしまうと焦げやすくなるので、仕上げに入れるのがポイント。

⑩ 油を切って器に盛り付けます。

⑪ ソース2種類を作ります。バナナをすりおろし器などで潰して2つのボウルに分けて入れ
1つのボウルには醤油を、残りのボウルにはとんかつソースをバナナが浸るくらい加えて混ぜます。

ひき肉と卵の油揚げ包みレシピ

ハンバーグのタネ、卵を油揚げで包んで、トマトソースでイタリアン風に味付けした料理。

お弁当のおかずにもぴったりです。

ひき肉と卵の油揚げ包みの材料

<作りやすい分量>

・豆腐 1パック分
・ひき肉 1パック分
・塩・こしょう 適量
・片栗粉 適量

・油揚げ 1枚 小なら2枚
・卵 2個

・オリーブオイル 適量
・ニンニク 適量
・トマト缶 1缶
・水 適量
・塩 適量
・こしょう 適量
・砂糖 適量

ひき肉と卵の油揚げ包みの作り方

①ボウルにひき肉を入れ、水切りした豆腐を加えたら、塩・こしょう・片栗粉を加えて手で練ります。

豆腐はつなぎにもなり、ボリュームもアップさせてくれる時短食材です。

②油揚げはまな板の上にのせ、菜箸1本を表面に転がしてほぐします。(大きい場合は半分にカットします)

今回は小さい大きさの油揚げを使いました。

油揚げをほぐしておくことで、きれいに袋を開くことができます。

③ ②の油揚げの袋を開いたら①のひき肉を油揚げの半分の高さくらいまで詰めて、卵をそれぞれ1個ずつ加え、口を爪楊枝で留めます。

↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓

④鍋にオリーブオイル・ニンニクを入れて熱して香りがでたら、トマト缶・水を加え、塩・こしょう・砂糖で味付けをします。

イタリアンな風味に仕上がります。

⑤ ③の油揚げを④に入れ、弱火で15分ほど火を通します。

↓ ↓ ↓

⑥ 油揚げを取り出し、半分にカットして器に盛り付けます。トマトソースをかければ出来上がりです。(好みでブロッコリーなど添えます)

もう少し卵がとろっとした感じの方がよかったかもしれません。

ちょっと煮詰めすぎたようです。

揚げゴボウの佃煮のレシピ

揚げ焼きしたごぼうとしょうがを、醤油と砂糖で味付けした佃煮です。

冷えたお弁当のご飯にピッタリです。

揚げゴボウの佃煮の材料

<作りやすい分量>

・ごぼう 1本くらい
・油 フライパンの深さの1~2cm
・おろし生姜 1片分くらい
・醤油 1回しくらい
・砂糖 適量

・冷たいごはん 適量

揚げゴボウの佃煮の作り方

①ごぼうは皮付きのままみじん切りにし、水気をよくふき取ります。

②フライパンに1~2cmほどの油を熱し①と生姜のすりおろしを加えて揚げ焼きにします。

③生姜の香りが立ったらザルに上げて油を切り、揚げ焼き用の油を捨てたフライパンに戻し入れます。

④ 醤油と砂糖を加えて炒めます。

⑤器に盛り付ければ出来上がりです。

冷やしたご飯にかけて食べるのがオススメです。

揚げたごぼうは香りが立つので、冷たいご飯にかけるとより香りが引き立って美味しさ抜群です!

味付けは生姜・醤油・砂糖のみなので簡単に作れて、お弁当のおかずにもぴったりです。

最後に

今回は修業経験を生かしたクオリティの高いタサン志麻さんのレシピを作ってみました。

「ひき肉と卵の油揚げ包み」は火加減が少し強かったのか卵が固めにできあがってしまい

ました。

「コロッケ&バナナソース」のバナナソースは新感覚でしたがコロッケによく合います。

「揚げごぼうの佃煮」は冷ご飯にとても合うのでお弁当に入れたらとっても美味しかった

です。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする