中華風冷しゃぶサラダ&牛乳を使った天ぷらデザート(ザーシンナイ)【ヒルナンデス】

2019/9/5に放送された『ヒルナンデス』

では残りものであと2日を乗り切る木金レシピ

中華の達人簗田圭(やなだけい)シェフ

がアイディアレシピを4品を紹介。

そのうちのレシピ「中華風冷しゃぶサラダ」

「牛乳を使った天ぷらデザート」(ザーシンナイ)

を紹介します。

冷蔵庫の残り物が絶品料理になります。

中華風冷しゃぶサラダ

中華風の冷しゃぶサラダです。

中華風冷しゃぶサラダの材料

玉ねぎ ・豚バラ肉

【ソース】
・★醤油 200ml
・★酒 200ml
・★砂糖 200g

・にんにくチューブ 大さじ1

中華風冷しゃぶサラダの作り方

①玉ねぎをスライスしサッと水に

さらします。

ポイント!オニオンスライスを水にさらすのは5~10分。
     長時間つけると栄養分も流れてしまいます。

②豚バラ肉を1枚1枚広げお肉に片栗粉を軽く
振りかけます。

ポイント!肉が縮みすぎないように片栗粉をまぶします。

 

③沸騰する前のお湯にお肉を入れます。

 ポイント!肉が硬くならないように沸騰寸前のお湯に入れる。

 

④豚肉に火がとおったらお湯を切ります。

⑤豚肉をお皿に盛り付けその上にオニオンスライスを盛り付けます。

④ ソースを作ります。
ソース用の材料★をいれて熱します。

(ソースの量が多く感じたので少し減らして作りました。)

⑤ ④のソースにニンニクチューブをいれてかき混ぜ
お肉と玉ねぎにかけます。

⑥ お好みでラー油とごまを振りかければ完成!

*順番はお肉をゆでる前にソースを先に作った方が
効率よくできると思います。

アレンジレシピとしてこの冷しゃぶサラダで

豚しゃぶの冷やし中華や豚しゃぶ丼(卵黄トッピング)

にしていただくこともできます。

牛乳を使った天ぷらデザート(ザーシンナイ)

牛乳・砂糖・片栗粉で作る中華風天ぷらデザート
(ザーシンナイ)です。

牛乳を使った天ぷらデザートの材料

★牛乳 500ml
★砂糖 100g
★片栗粉 適量

・天ぷら粉
・水 通常より4割少なめに
・片栗粉

①ボウルに★をいれてよくかき混ぜ
フライパンにいれて温めます。

②片栗粉からとろみが出てきたらラップを
はったバットに移します。

③ ②を冷凍庫にいれて1時間冷やします。

④ 天ぷら粉をボウルにいれて溶いていきます。

 ポイント! 冷やした牛乳は揚げると柔らかくなるので衣を硬くするため水は4割ほど
       少なく入れる。

⑤ 冷やし固めた牛乳をスプーンですくい片栗粉
まぶします。

⑥そこに④の衣をつけて180度の油で揚げていきます。
1分ほど揚げれば出来上がりです。

天ぷらなので表面さえ固まれば大丈夫です。

水分を少なくしているのですぐに揚がります。

⑦ 抹茶の粉末をふるいかけて出来上がり。

最後に

今回は中華風冷しゃぶサラダ&牛乳を使った天ぷら

デザート(ザーシンナイ)を作ってみました。

中華風冷しゃぶサラダはお肉に片栗粉をつけて

まぶすと肉が縮まないようになることを知り

今後も参考にしたいと思います。

天ぷらデザート(ザーシンナイ)は家にある

ものでサッと作ることができそうですね。

中国風デザートははじめて作りました。

揚げるのが難しく思ったようにはあがりませんでした。

味は美味しかったです。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする