下味おかずの作りおき じゃがいも・にんじん・玉葱

下味おかずは身近にある材料と調味料で

作れる気軽な作りおきです。

そのまま食べてもいいし下味がついている

のでいろんな料理にアレンジできます。

今回は料理研究家の橋本可名子さんの

下味おかずの作りおきでその中の

じゃがいもとにんじんと玉葱の作りおき

を作ってみました。

じゃがいもの下味おかず

じゃがいもはキッチンに常備している
野菜のひとつ。
男爵いもはほくほく、メークインは煮崩れ
しにくいです。料理によって使い分けを。
ビタミンCが豊富で熱に強いのが特徴です。

こふき芋

私は家にあるいろんなジャガイモを
使いました。(色が様々ですね)

コロッケやポテトサラダ、グラタンなど・・
こふき芋のストックがあればラクに作れます。

<材料>

(つくりやすい分量)

・じゃがいも(男爵いも)4個(約500g)
・塩 小さじ1/2

<作り方>

① じゃがいもは皮をむいて一口大に切り
水にさらす。鍋にたっぷりの水を加え
中火にかける。

② 火が通ったら水分を飛ばすように
して粉を吹かせ塩をふる。
さめたら保存容器に入れ冷蔵庫で保存する。

保存:冷蔵庫で4日

このこふき芋でポテトサラダ、コロッケ
グラタン、オムレツなどが作れます。

にんじんの下味おかず

年中出回っている人参ですが
春人参が甘くて柔らかです。
サラダや炒め物スープなど何でも
使えます。
βカロチンが豊富なのが特徴です。

にんじんのナムル


ナムルにするとそのままでも食べれる
し油でコーティングするので保存性が
高まります。

<材料>

(つくりやすい分量)

・人参 2本
・ごま油 大さじ 1/2
・水 1ℓ  塩 適量
・いりごま(白)大さじ1/2

<作り方>

① 人参は4cm長さのせんきりにする。

② なべに水を沸かし塩小1を入れ
①をさっとゆでてざるにあげる。

③ ②をボウルにいれ塩小さじ1/2
ごま油を入れて混ぜ保存容器に入れ
冷蔵庫で保存する

このにんじんナムルでおかず奴、肉巻き人参、
春巻き、人参スープなど作れます。

保存:冷蔵庫で5日

玉葱の下味おかず

料理の味にコクや旨味を添える名わき役。
常備しておくと安心の野菜です。
加熱すると甘みが増します。
栄養面では血液さらさら効果があります。

玉葱の塩もみ

塩もみしておくと冷蔵庫で保存しているうちに
うまみが凝縮しコクが生まれます。

<材料>
(作りやすい分量)

・玉葱 4個(800g)
・塩 小さじ2

<作り方>
① 玉葱は半分にきり繊維に沿って薄切りにする。
② ボウルに①をいれ塩を加えてもむ。
保存容器にいれ冷蔵庫で保存する。

玉葱の塩もみで豚肉のしょうが焼きや

サラダ、カレー、スープなどいろいろ使えます。

保存:冷蔵庫で4・5日

最後に

今回は玉葱・じゃがいも・人参の下味

おかずの作りおきを作ってみました。

いろんなお料理にアレンジできて

さっと作れるので助かります。

お弁当のおかずにも重宝します。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする