「広告」このブログはプロモーションを含みます

酢玉ねぎと酢しょうがの作り方

美味しく食べて健康にキレイになれると話題の

“酢たまねぎ”や“酢しょうが”。

今回は体に良い酢たまねぎ酢しょうがを作ってみました。

まず酢や玉ねぎやしょうがにはどのような効果があるのでしょうか?

調べてみました。

酢の効果・効能

酢にはすぐれた殺菌効果があります。

毎日摂り続けると

 ・内臓脂肪を減らす
  
 ・ガン抑制、高血圧低下、血中脂質低下

などの効果があるようです。

また、疲れを取るためには、酢と糖分を一緒に摂ると良いといわれています。

酢たまねぎの効果

・血液がサラサラになる
・高血圧・糖尿病・高脂血症を改善する
・ダイエット効果がある
・腸内環境を改善する

などがあげられます。

酢しょうがの効果

生姜が血流を良くし、酢が免疫機能を活性化してくれるため、病気になりにくい体を作る

ことができます。

毎日摂り続けると腸が健康になり活性酸素の発生を抑えてくれます。

・足の冷えが解消される。
・寝つきが良くなる。
・便秘が解消される。

などの効果があげられます。

酢玉ねぎの作り方

こちらは料理研究家の村上祥子さんのレシピです。

<材料>
・玉葱 2個
・米酢 150ml
・はちみつ 1/2カップ
・塩 小さじ1

<作り方>
①玉葱を薄切りにします。

②①を保存器にいれ米酢、はちみつ、塩
を入れよく混ぜる。

③冷蔵庫で5日ほど寝かせたら出来上がり!

保存:冷蔵庫で2週間くらい

すし酢で漬けたこともありますがこの方法でも美味しくできます。

もう少し酸味をつけたい場合はすし酢に酢を加えるといいようです。

酢しょうがの作り方

<材料>
・しょうが 100g
・酢    100cc
・ハチミツ 20g

(使用するお酢は、米酢や黒酢などお好みで)

<作り方>
① 生姜はよく洗ったら、皮ごと薄くスライス
します。

②しょうがは熱湯で約1分くぐらせザルにあげ、しっかりと水気を切って冷まし、
保存容器に入れます。

② ①に、お酢をいれ、最後にはちみつを加え、ひと晩浸けたらできあがり。

保存:冷蔵庫で1週間から10日ほど

最後に

酢しょうがと酢たまねぎは体にとってもいいので毎日でも摂りたいと思います。

「酢しょうが」や「酢玉ねぎ」は色々な料理に少し足していただくと続けて

食べられます。

酢玉ねぎならサラダ、酢しょうがならおすしなどのアレンジ料理にいかがでしょうか?

スポンサーリンク

 


 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする